FC2ブログ

Tab-Mate Controller に再挑戦中っ

CLIPのサイトでカラーが新しくなったタブメイトの広告ページをみていたら何か使ってみたくなった。
(余談ですが私はあのいかにも広告!風な広告ページがすごく好きである(笑))

前に使ったのは2012年の2月頃で結局キーボードに戻っちまいましたが、なんかクイックメニューにいっぱい登録できるんじゃぁという話なので今回はもっとちゃんと使ってみようと思います。

前に使ったときは「回転」と「スクロール」はスティックを押し込んで切り替えなきゃいけない…か、そう思い込んでいただけだったのか、今回色々いじってみたら回避できることがわかりました。
また、一度角度を変えた場所からさらにほんの少し回転させたいみたいなこともできまする。
最初からできたのか途中からできるようになったのかわかりませんが。
設定についてはまた改めて書こうと思います。

ただ、タブメイトの最大の弱点は「ただのツール切り替え」ができないことかなぁと。
もしクイックメニューとか後付で追加できたなら「ただのツール切り替え」機能も追加できると思うのでぜひ追加して欲しいですね。



20140703.jpg

スポンサーサイト

ショートカット研究2013/4改訂版

最近クリスタばっかり使っているのでクリスタのショートカットとしてまとめておく。
「なんでこれにこれを?;」が多々あると思いますがそれは私の昔からの習慣とかから来ておりますと説明しておきます;

【表示】 
・移動 Space
・拡大 V
・縮小 C
・回転 Shift+Space
・反転 F

【操作】
・保存 Ctrl+S
・キャンバスを開く Ctrl+O
・コピー Ctrl+C
・ペースト Ctrl+V
・取り消し Ctrl+Z
・やり直し Ctrl+Y
・下のレイヤーに統合 Ctrl+E
・全選択 Ctrl+A
・選択解除 Ctrl+D
・塗りつぶし Ctrl+U
・色調・彩度・明度 Ctrl+K
・変形 Ctrl+T
・ブラシサイズ変更 Ctrl+Alt

【ツール】
・マジックワンド W
・バケツ・グラデーション G
・オブジェクトツール O
・ペン・鉛筆 P
・筆・エアブラシ B
・投げ縄塗り N
・レイヤー移動 K
・スポイト I 
(右クリックで色の取得できる)

(描画色関係を新たに…覚えられるかわからんけど;)
・メインカラーに切り替え 1
・サブカラーに切り替え 2
・透明色に切り替え 3
・メインカラーとサブカラーの入れ替え 4
・メインカラーを黒、サブカラーを白にする 5


-------------------------------------------------
フォトショ
・ブラシツール選択中Altで一時的にスポイトツールになる
・たくさん戻るときはCtrl+Alt+Z
・レイヤー移動Ctrl
-------------------------------------------------


■ショートカット設定のポイント■

私が思うに全く見ないで操作できるキーは限られる。欲張って色々割り当ててもうまくいかなかった。
キーボード左端のCtrlキーからspaceキーまでとその周囲のキーが限界である。
表示とブラシの操作はこの辺に固めないとやりづらいと思われる。

上記ショートカットではそれ以外のキーも使っているのだが、その場合はチラっと見ている。
また完全な片手操作ではない。Ctrl+Uなんか片手で押せないけどもう慣れちゃったから平気。

こうやって並べてみるとCtrlキーと組み合わせて押してるショートカットがほとんど。実際単キーの方が位置を覚えられなくてミスが多い。
Ctrlキーとの位置の兼ね合いからキーの位置を覚えてるってことなのね。

キーボードを色々試す

液晶タブレットを使うようになるとキーボードの位置に迷います。
私は一般的なパソコンラックを使っているのですが、キーボードはメインの卓ちょい下の出し入れできる一般的にキーボードを置く場所に置いています。
キーボードもごく一般的なものです。TK-UP04FPWH (ELECOM)パチャパチャの打感が好きでパンタブラフ式を使うのだけがこだわりです。





DTI-520を使っているときから普通に文字を打つのもショートカット操作もこの位置で行なっていたのですが「これが最良の位置で最良のキーボードなのか…?」という疑問がずっとありました。

Cintiq 21UXを購入後は更にどうしたもんかということになり、色々試したのですが結果的には元の位置、元のキーボードに戻しました。(ダンボールで少々底上げをしてモニタと少し近づけましたが)

以下に試したキーボードを紹介します。

■TK-FCP027WH(ELECOM)
ショートカット操作用によく使われているミニキーボードです。
私もCintiq 21UXの上部分に貼り付けてみたりモニタの横に置いて使ってみたりしたのですがどうにも押しづらく…
頭で考えてるのと実際にやってみるのは全然違うな~と。
小さいキーボードはちょっと強めに押さないと認識しない感もあります。
もちろん普通の文章入力も小さすぎてとても押しづらいです。




■BSKBU10WH (iBUFFALO)
こちらはCintiq 21UXの台の間に挟んで使おうと思ったのですが…
底面に出っ張りがあり、そのせいでつっかえて台の間に入れることはできませんでした。
ついでにEnterキーがこの形だと押しづらいのです。
これとそっくりなアップルのキーボードで底面もフラット、Enterキーも大きく、有線の物もあるのですが今は作られてません。そして手に入りません。そしてアップルのキーボードは高いのです。





■TK-FCP004WH (ELECOM)
液タブの手前にキーボードを置く場合、なるべく前後幅の狭いものが良いと思いませんか?
それで試してみたのがこれですが、非常に押しづらい…。
キーの位置は今までつかっていた物と微妙に違うし、キーの形が台形じゃないからひっかかるひっかかる…。台形の形を残したまま周囲をギリギリまでカットしたものが理想的です。





というわけで元のキーボードに戻ってきました。
今までのキーの位置というのがしっかり指に記憶されてしまっていて、新たに覚えるのが困難だったといのもあります。それにしても自分にとって相性の良いキーボードにはなかなか出会えないもんですね。

置き場所もモニタの上とか(腕で画面が隠れてしまう。押しづらい。暑い。)横に置くとか(キーボードがよく見えなくなる。押しづらい。)横に斜めに置くとか(押しづらい)色々試したんですけどね、結局手前に置くのが最良だったようです。


ちなみにその後Cintiq 21UXは熱いとかデカすぎるとかの問題からDTI-520に戻した事を記しておきます。

左手デバイス挫折のまとめ

ペンタブレットを液晶タブレットにしたことで液晶手前に設置したキーボードでショートカット操作を行うのが正しいのかよくわからなくなったためここからショートカットの操作に関して長い旅が始まります(笑)

結論から申し上げればやはり液晶の手前にキーボードを設置し、それでショートカット操作を行うというのが私が出した答えです。
ここでは左手デバイスについてのみを書きますが、後々キーボードのみでも相当迷うことになります。


・LOGICOOL アドバンスゲームボード G-13
(ごつくてデカイ、手が小さくパンタグラフを好むような私に到底馴染む物ではなかった。且つ、キーの配置を覚えられないなどの問題があり挫折)




・PlayStationMove ナビゲーションコントローラ
(そもそも左手デバイスでないのでPC側で特殊な設定が必要だがこの壁を乗り越えられず、使うところまでいかずに挫折)




・ただのテンキー
(キー配列の深い問題が浮き彫りに。前述した通りキーボードのみの選択ですら自分の手に馴染むかどうかが相当シビアな問題になる。テンキーは論外であった。試しにテンキーに手を置いて打ちやすいかどうかを考えてみて欲しい)




・Tab-Mate Controller
(移動と回転はスティックで行うのだが切り替え時に押し込む必要がある。微妙な動きというのが苦手な感もある。上の3つに比べればそれ用に作られた機器なので的を得てはいるがフォトショップで使えないなどの問題もある)

タブメイト



姿勢的に液晶の左に手をもっていける左手デバイスを使うというのは正しいのですが、左手デバイスを使う場合、操作するショートカット数は限られます。且つ、一から覚える努力が必要です。

「こうしたら便利」ということを思いついてみても、今までキーボードで操作していた感じが染み付きすぎてなかなか新しいのを覚えられない…それが左手デバイス導入の一番の問題になります。

G-13は確かにたくさんのキーを割り当てられますがそもそもキーボードのキーを一旦G-13に割り当ててから更にそれを覚えるという複雑さがあります。今までそれなりにキーボードで操作できていたならこれを一から覚えることに耐えられるかどうか…。これはテンキーを使う場合にも当てはまります。

握り込むタイプの場合レイヤー名入力やセリフの入力などの文字操作時に一旦デバイスから手を離す必要もありますよね。
ちなみに私は多少の文字入力はペンを持ったまま行います。
この点のことを考えるとコントローラーにもスタンドが欲しいですね。


以上が私が「やはりキーボードが一番良い」という結論に達した理由です。
液晶タブレットを導入後に「左手デバイスどないやねん?」と思った方はぜひ参考になさってください。

ただしショートカットを多用する習慣がまだ染み付いていない人や、ショートカットの操作数の少ない人には色々道があります。しかしあまり引き返せません。色々試して自分に合った方法を見つけてください。

ちょっと改良

※前記事の補足です。

この方がスマートか。

理想の左手デバイス改良