断水

昨夜トイレに起きたら、外からゴーゴーいう音。

「どしゃ降りだな~」とか思いつつ用を足して洗面所で手を洗おうとしたら、なんか違和感。

トイレのタンクに水を溜める音がしない…。

洗面台の蛇口をひねっても水が出ない。

こりゃおかしい。

ブルーレットがタンク内で詰まって水でっぱなしは何度か経験があったが、予告なしの断水は始めてじゃ。

大雨で何かあったのかと外に出てみたら…なんと!

雨が降ってないではないですか!!



そう、あのゴーゴーという音、水道管が壊れて水が噴き出している音だったのです!

とはいえ、音が派手な割に噴き出し具合は地味。

コンクリートの隙間から10~20センチくらいの高さでぽこぽこと噴き出た水が10メートルくらいにわたり続いているという感じです。

しかし時刻は夜中の3時近く。

当然水道局には誰もいない。私一人だったら長いこと迷ってしまうところですが、オカンはさっさと警察に通報。

水道管の破裂は警察か?;うぅ~ん…;なんか気づいちゃってスンマセンな感じですが;

たたき起こされたと思われる水道局の人が30分後くらいにはやってきておりました。ま、あの勢いで水が放出されてたらとんでもないですもんね。早くて良かった!うん!

その後もちゃきちゃきと仕事をして下さったようで、お昼前には水が出るようになりました!
ありがとう水道局の人!!

これも二ヶ月前の地震が影響してるんでしょうな。
長いこと水が出なかった地域は本当に大変だったろうとつくづく。でも水道局の人はちゃんと動いてくれるんだなぁと実感もできました。感謝感謝です。
スポンサーサイト