ソーラー給湯器

ウチには20年使っているソーラー給湯器(ソーラー湯沸し器?)がある。

それが今年に入ってから何度も故障していた。

その度にちょこちょこ修理はしていたようだが、とにかくもはや限界という感じだった。

しかもその修理をしていた父が入院した頃から「ヴ~ン…ヴ~ン…」と異常音がするようになったので、仕方なく給湯器の箱に明記されていた連絡先に連絡して見てもらうことになった。


音の原因はコンプレッサー(?)の摩耗かなんかとか…
その部品の取り替えだけでも10万はかかるが、そもそも古いから他の部分も次々壊れて修理代が結局高くついて「それなら初めから撤去してほしかった」と言われることが多いらしく、修理は勧められないとのこと。

パロマの事件以来メーカーも修理には消極的で新しいのを使ってもらいたいようだ。


ひとまず撤去だけしてもうらことになった。


本来屋根に設置してあるパネルも外すが、ウチの屋根の形状と設置状況を考えたらそのままでも大丈夫とのこと。

配管のつなぎ直しと箱の撤去でなんとか値切っても7万円であった。

ソーラー給湯器で検索すると太陽熱温水器が出てくるのだが、これとソーラー給湯器は違うものだと言っていた。

設置時の代金もソーラー給湯器が100万くらいかかるのに対し、太陽熱温水器は30万くらい。モノが高ければ撤去費用も高くなるのが道理らしい。

何にしろ撤去にこんなにかかるなんて痛い話だ。
100万以上かかって20年で壊れたことを考えると元はとれているのだろうか?
後で計算してみよう。

箱は産業廃棄物なのでこれだけで処理費用に2万はかかる。
水を抜くと軽くなって強風で倒れる危険があるのでなるべくなら片付けたいが、箱もパネルもそのままで配管のつなぎ直しだけならもっと安かっただろうか…。


しかし値切りというのもお互い嬉しい値切りでないと後で後悔するかもしれない。
価格の不透明な分野だが…前もってよく調べて、値切るのはもうやめようと思った;
スポンサーサイト