「白鯨」

今まで読んだ本で何度か名前が出てきていた本なので「読まねばなるまい」と思って取り掛かってはみたものの読了まで一ヶ月くらいかかってしまった(^^;

面白いには面白いのだがとにかく作者が書きたいことを余すところなく書き尽くしたという感じで、読むのにはなかなか忍耐がいる。(読めない漢字もいっぱい)

当時の捕鯨船の様子が詳細に描かれていてリアルモンスターハンター状態。

散々冗長を極めた割に最後はたった1Pですべてが完結している。
故にこの終わり方がとても印象深い。

時間が経っても自分が捕鯨船に乗り組んだかのように数々のエピソードを思い出せる。
名作ですよ。

**************************************

ちょっと調べてみたら映像作品何本も作られてますね。
漫画もある。

本は読むの大変だしなぁ。
船の構造とかいくら字面で説明されても理解に難しい部分も多い。
映像作品の方が良いかもしれぬ。

**************************************




スポンサーサイト