FC2ブログ

DTI-520を買う

憧れで憧れで憧れでしょうがなかった液晶ペンタブレットをついに「あーもう欲しい!欲しい!欲しい!!」なんつって、セレブでもないのについに買ってしまいました。

というのも、最近は中古だと割と手の届くくらいの価格まで値が下がっていて後はもう「一歩踏み出す勇気!」みたいな状態だったので、勇気はまったくなかったんですが気づいたらぽちっと購入しておりました。

購入したのはDTI-520というモデル。2万5千円。アマゾンを見ても評価がよろしい。
とはいえ中古なので少々博打ながらこれに乗り換えることを決意。
でも未だ新品なら8万はするというモデルが送料・税込みでも3万以内ってちょっとスゴイ。
ヤフオクマンセー。

さて、DTI-520の使い心地ですがなるほどフラット構造とコンパクトなフォルムはナイスであります。大変気に入りました。
ペンタブの感触としては今まで使っていたインティオス3よりは劣る…ように思います。
そして元々なのか中古だからなのか、画面の隅の方では誤作動が多く、またペンを画面から数ミリ程度離したくらいでは”離していない”という認識になってしまい、この辺実際に使用する上でもかなり厄介です。
とはいえ、私としては板タブで描くよりは直接描ける方がやはりやりやすいです。

液晶はまぁダメな感じです。今までつかっていたEIZO製モニタの質の高さを再確認するばかりです。

そんな訳で私はお気に入りのEIZO製モニタを手放したくないもんですから、というかモニタが液晶タブレットだけだとイラストを描く意外の作業ではまーーーーーーー手がジャマ。
液タブでメールチェックをする様を想像してみてくださいよ…。



ね?



「モニタに直接絵を描く」っていう事のためにすべてを犠牲にした感じがするでしょ?
そんな感じ。



という訳で「モニタを2台つなげたろー!」なんて思い立つも、私のPCには映像端子が一つしかついてないわけ。
そこで登場、便利グッズ「サインはVGA」。I・Oデータの「グラフィックアダプター」ってのもある。
USB端子があれば映像端子を増設できるってわけ。




そんでまぁモニタを2台つなげることはできたんだけど…
その頃には液タブで絵を描く意外の作業が全く苦にならないほど慣れていた(爆)

結果「モニタ2台もいらねーなー」みたいな。
「そもそもこの2台インチも合ってねぇしな」みたいな。

今のところこれまで使っていた通常のモニタとタブレットを机上からどかすか否かが悩みの種である…。



という事で液晶タブレットを導入するときは設置場所とかも含めて色々検討しなきゃならないことがたくさんあるみたい。
正直普通のペンタブレットとすり替える気分で買っちゃって後で色々大変だった。
でもモニタに直接描けるってのはやっぱり楽しいです。良いです。

しかし絵が上手くなるとかはありません

どういう道具を使うにせよ、大切なのは「この道具を手足のように使いこなしてやるゼ!」っていう根性ではないかと、つくづく感じた次第なのでありました…。
だから何でもかんでも新しいもん導入すればいいってことじゃなくて、じっくり腰すえて攻略しろってことよね(←自分に言ってる)

でも遂に手に入れた憧れの液タブ。この季節には嬉しいオプションとしてほんのり発熱…。
夏は…夏は…(遠い目)
スポンサーサイト